美白化粧品とはどのようなものか

美白化粧品とはどのようなものか

美白化粧品とは、シミやそばかすの原因とされるメラニンが生成されるのを抑制してシミやそばかすを予防する、あるいはメラニン生成抑制効果と類似の効果・効能を表示することができる医薬部外品のことを言います。

厚生労働省で認められてた美白有効成分を配合しているもののみが『美白化粧品』と名乗ることができるようになっています。

メラニン色素が生成されるのを阻害する働きを持つものが多く、主な目的でもあったのですが、肌のターンオーバーを正常化し、ターンオーバーを促すことで肌を白くする効果を狙ったものや、遺伝性のそばかすなど美白効果が効きにくいもののために、集中的にその部分に効くように作られたものもあります。

基本的な効果として、シミやそばかすの原因は皮膚の表面にメラニン色素を含んだ細胞が現れたことによります。

メラニンが作られる前の細胞が酸性化し酵素を発生させます。

その酵素に直接・間接的に働きかけてメラニンの生成を抑えるように作られたのが美白化粧品です。

美白化粧品の2つのタイプ

肌を白く輝かせる効果が期待できる美白化粧品には、実は2つのタイプがあります。

ひとつはシミやそばかすを肌のターンオーバーを利用して薄くするという『ターンオーバータイプ』で、効果を実感してくるのは最低でも3か月経ってからになります。

また、シミができる前の予防効果が高いタイプとも言われています。

もうひとつは『還元タイプ』というもので、美白化粧品の中の美白有効成分自身が酸化することにより、細胞の酸化を還元して細胞を元に戻す、という化学反応を利用したタイプです。

このタイプは美白有効成分自身が酸化し、酸化しているシミの原因細胞を還元して、その結果シミを薄くしていくというもので、効果を実感してくるのはだいたい1か月ごろからです。

美白化粧品ガイド

効き目から『漂白効果』などとも言われています。

美白効果を確実に実感したいのであれば、2つのタイプの美白化粧品を同時に使用するのが効果的です。

ターンオーバータイプを顔全体に付け、気になる部分を還元タイプでケアするという方法です。